-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-01-10 Tue
目に見えない利益
感じの悪い顧客は、何処にでもいる。
感じの悪い社員は、何処にでもいる。
感じの良い顧客は、それ程多くない。
感じの良い社員も、そんなに多くない。

って感じたりする事ないですか??
ここに、大きな利益が眠っていると思うのですがいかがでしょうか?
他社と差別化を図るポイントは、ここに有り!

感じの悪い顧客も、社員も、感情を持った人間です。彼らのポジティブな感情に訴えかける戦略がどれ程の効果があるのか?
数値化できないにしても、感覚的になんとなく感じている人は多分多いと思う。

以前、合気道の達人が残した言葉に強烈な印象を受けました。
「合気道の極意とは、自分を殺しに来る人と友達になろうとすることだ!」間違ってたらすみません・・・
凄い言葉です。でも、これって企業と顧客・会社と社員の関係でも使える技術だと思います。
殺そうとした相手が、あまりにも友好的な態度で、殺意が減退し、なんか友達になっちゃった♪
これ!これ!

自分の事を好きになってくれる人の事を、悪く思う人は少ないはず。
自分の事を大切に扱ってくれる人と、付き合いたいと思うのは自然な流れ。これは、個人レベルだけの話ではなく、企業としてのあり方にも通用するのではないでしょうか?これを、意図的に戦略的に活用する事はそんなに難しいことでしょうか?

※勿論、論外な顧客・社員はこれに属しません。
スポンサーサイト
別窓 | 【仕事の事とか】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<堀江貴文氏へ捧ぐ | halu's blog 3 | サービス/接客>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| halu's blog 3 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。