-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-01-10 Tue
サービス/接客
何処かの温泉ホテルに泊まったり、電話でレストランの予約をしたり、コンビニで買物をする時、その他沢山・・色んな場面でいつも思うんです。
あぁ~この会社、何でこんなに莫大な利益をロスしているんだろう?
「経営者は、それをちゃんと理解しているのだろうか????それとも、僕の考えがおかしいのか?」
人間は感情を持った生き物で、当然それは消費活動にも影響しているはず。勿論、消費者だけじゃなく、商品を提供する側の企業にだって従業員がいて、その人達にも感情がある。
消費者も商品を提供する側も同じ人間。だがしかし!あらゆる業態の多数企業は、そんな事お構いなしか或いは、ほんの些細な対策しか講じていないように感じるのは僕だけですか?

接客やサービスは、何処の企業でも当たり前の如く教育をしていると思うけど、殆どの場合「うわべだけ」じゃないですか?
本気で接客サービスで他社と差別化を図ろうとし、従業員の心揺さぶるような企業理念を掲げる企業があるのなら、絶対に消費者の支持を得られると思うのは、僕だけでしょうか?

世の中には多分、本気でそれを行っている企業が少しだけあるでしょう。でも、少しだけです。殆どは、うわべだけ。
もっとそんな企業が現れて欲しい!もっと、もっと!

もちろん、僕も微力ながらそんな企業のお役に立てるよう頑張ります!


スポンサーサイト
別窓 | 【仕事の事とか】 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<目に見えない利益 | halu's blog 3 | 飛びぬける>>
this comment
この記事のコメント
[ ]
前に書き込んだ者です。

会社が大きくなると、末端にまで気を配るのが不可能に近くなります。
実際に代表取締役が全ての社員に目を配らせられる限度は70名程度だそうです。

しかし、halさんのおっしゃる通り、そこまで気が配れれば企業としても利益に繋がるものが得られるでしょうね。

自分は世で言う大企業に勤めておりますので、特によく分かります。
2006-01-20 Fri 13:42 | URL | いつかの通りすがり #4OfdIKI2[ 内容変更]
[ ]
いつかの通りすがり様

又来てくださって、嬉しいですv-266

>会社が大きくなると、末端にまで気を配るのが不可能に近くなります。

そうですよね。その通りだと思います。
それでも、末端こそ利益を産み出す最前線である以上は、経営者として、最前線の状態を直接或いは間接的に把握できるように、出来たらいいですよね^^
2006-01-21 Sat 01:29 | URL | halu #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| halu's blog 3 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。